准看護師求人ランキング【人気No.1転職サービスはココだ!】

看護師不足の昨今、准看護師を募集している病院は多い!

看護職員の不足が叫ばれる昨今。准看護師の募集先は多く存在しています。男性看護師も昔より増えてきたとは言え、看護の世界は、まだまだ女性が多く占める職場です。正看護師と准看護師は国家資格と都道府県知事の交付かが大きな違いになります。

現在は、准看護師制度や准看護学校が廃止の傾向があると言われたりしていますが、すぐに実現することはまずないのではないかと思います。というのも、高齢化により看護職員自体が不足しているからです。ある程度、安くで雇えるという病院側のメリットからも准看護師の需要はなくならないのが現状です。ですから現状として准看護師さんの転職も看護師さんと同様かなり有利に進められると考えていいです。

ただし、「看護の世界は需要が多いから」といった安易な理由で准看護師を目指すのは厳しいものがあります。やりがいのある仕事ではありますが、正看護師と比べれば給料もそんなに多くはないです。肉体的にも精神的にもハードな仕事量であることは否めません。

ただし、准看護師になるための勉強は、大変ですが、働きながらでも行えることにあります。正看護師と比べると勉強量は少なくなるのも目指しやすい一つの理由です。その差が給料として出てくるのですが、本人がスキルアップなどのために努力すれば夜勤含めて月30万円以上の給与やその他の好条件の待遇も狙えなくありません。

准看護師さんで転職したい方はまずはナースフルなどに登録してみましょう。求人の条件は医療機関によって様々ですがまずはいろいろと情報収集をしてみましょう。(稀に給料がやけに高額なところもあるようですが、夜勤が多くある、など実際に入ってみないと分からないキツさがある病院もありますので)中には正看護師同様の条件で雇ってくれる病院も存在するのでそのあたりもチェックしてみましょう。「准看護師としてどうなっていきたいのか?」自身のキャリアや方向性を明確にし、転職活動を有効に行いましょう。

准看護師の残業事情って・・・?

准看護師という仕事と残業はもはやセットのようなものです。 まあいろんな仕事があって、その仕事のほとんどの人が残業って経験したことがあるとは思います。サラリーマンの人とか残業して夜遅くまで会社に残って…なんてこともあると思いますしね。 その中にもちろん准看護師も含まれているんです。 准看護師って実はものっすごく残業している職業なんだって知ってました?

准看護師の残業の現状を見てみると、大体平均して1ヶ月に20時間くらいは残業しているって言われています。 まあ1ヶ月20時間くらいならよくある話ですよね。 ところが、30時間を超えてる人も結構いるし、中には60時間なんていう途方もない残業をしている人もいるんです。 これじゃあ疲れも取れないし…ともすれば過労死にだってなりかねません。 でもこれが現状なんです。准看護師が足りていないっていう確固たる現状なんです。

ちなみに残業しているのは若い准看護師さんがほとんどです。 若いから体力あるでしょ?的な感じなのかもしれません。それに30代40代の人は子供がいたりして、残業できなかったりもしますからね。 そんな若い世代の准看護師がものすごい量の残業をさせられて疲労を訴えている…好きで始めたはずの仕事が苦になる瞬間でもあるかもしれませんね。

さらに、残業といわれると業務時間が終わったあとをイメージする人が多いでしょうが、准看護師の中には前残業といって始業の時刻前に出勤して自分の受け持ちの患者さんの状態を見て回ったりする人もいるんです。 始業前にもやって後にもやって…これじゃあ、疲れて当然ですよね。 ちなみに前残業をしている准看護師さんは全体の80%程度もいるといわれているんですよ。

准看護師という仕事をこれからやる、というのであればこうした残業の現状なども知っておく必要があるでしょう。 そしてどうしても残業が難しいのであれば、あまり残業のない病院やクリニック、職場を探すしかないのです。


>>准看護師の求人が多数!「リクルートの看護師転職」はコチラ<<



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2013 准看護師求人ランキング All Rights Reserved.